飲食店がデリバリー代行をつかって売上げアップができる理由

フードデリバリー・テイクアウト

 

客席数が限られる飲食店では、店内飲食だけに頼らず、

デリバリーをすることで新たな販路を広げ、売上げを拡大したいと考えていることころが多くあります。

そこでネックとなるのは配達員の確保。

しかし、今は自店で配達をしないというまったく新しい方法が登場しているのです。

ここでは、この新しいデリバリーのスタイルについて解説します。

 

自店で配達しない、新しいデリバリースタイルとは?

 

デリバリーをするには人材確保が問題となります。

昔の蕎麦屋の出前のように、「いつ来るのかわからない」という状態ではお客様の不満につながり、

リピートはしてもらえない時代になりました。かといって、

いつどれぐらい入るかわからないデリバリー注文のために、

専門の配達員を雇っておくのは負担が大きすぎます。

さらに、移動手段を用意することも考えると、二の足を踏んで当然です。

 

そんな中注目されているのは、自らが配達するのではなく、

自店で作った出来立てのメニューを配達専門の会社の人に取りに来てもらい、

お客様に届けると言うデリバリースタイルです。

その代表がUber Eats。最近は都心の至る所で、緑の配達バッグを見かけるようになりました

(現在は黒地に緑でロゴが入っています)。

彼らに頼むことで、店舗は受けた注文を作るのみ。

後は何もしないでもデリバリーが完了し、後日その代金が振り込まれるのです。


 
デリバリーによる販路拡大は売上げを増やすチャンス

 

 

デリバリーのニーズは拡大しています。

最近では、店舗でテイクアウトするのに比べて多少高い金額になっても、

自宅で食事をしたいと考える人が増えています。

お客さまとしては、お金で利便性を買っていると言えるでしょう。

 

ところが、これらのお客さまと飲食店の接点は、これまでありませんでした。

「気に入った店があるけれど、わざわざ買いに行くのは面倒だ」

そう言ってあきらめていたお客様が、

デリバリーを導入することで利用してくれるのですから、こんなに都合のいい話はありません。

 

しかも、デリバリー商品は店内と同じ価格でなく、配達料を上乗せした代金にしても納得して買う人が増えています。

マクドナルドでも、店に行き自分でテイクアウトする価格と、

Uber Eatsを使って配達してもらう価格は違いますが、

利用者は納得し、さらに配達料まで払って利用しています。

これはお店にとって、好条件ではないでしょうか。

 

また宅配業者によっては、デリバリー向けの商品の開発や販促の相談などにも積極的に乗ってくれるところもあります。

中には、宅配をきっかけに実際に店舗に足を運ぶ人も出てくるなど、

販路拡大が店舗のリアルな客数アップに繋がる例もあり、店舗にとってはおいしいことばかりです。

 

お客さまにとっても、自店配送よりメリットが多い

 

実は、デリバリー代行会社が台頭してくることは、飲食店側だけでなく、

お客さまにもとってもメリットが多いのです。その理由は、活用のしやすさにあります。

 

統一フォーマットで商品検索ができ、スマートフォンでポチポチとやるだけで注文完了。

決済まで簡単にできてしまうのがこれらのサービスの特徴です。

これが各店で準備したシステムであれば、使いにくかったり、決済方法に偏りがあったりして、注文をするのが大変になってしまいます。

 

またもう一つの特徴は、お客さまに商品を運ぶデリバリースタッフを希望する人が増えた点も見逃せません。

より自由度が高いUber Eatsでは、自分の開いている時間を使って気軽に始められることから、

注目の副業の一つとして挙げられています。休みの日に効率よく働いたり、仕事が終わった後に夕食の宅配をしたりとする人も多くいます。

 

デリバリー代行は、店舗、お客さま、配達員の全てにとって心地よいサービスになっているわけです。
 

今注目のデリバリー代行会社

 

ではここから、注目のデリバリー代行会社を紹介します。

 

①Uber Eats (https://www.ubereats.com/restaurant/signup)

 

 

世界で利用されているサービスで、日本のデリバリー代行を広めた存在です。

スマホのシステムを利用して、自分の注文した商品が今どこにあるのかといったことも把握でき、

安心できるのも支持を得ている理由のひとつ。

メニュー変更などにも柔軟に対応することができる、非常に優れたシステムを確立しています。 

 

②ファインダイン(https://www.finedine.jp/partner/)

 

寿司の宅配サービス「銀のさら」を運営するライドオンエクスプレスが経営する宅配代行ビジネスです。

お客さまへのメニュー配布はウェブ利用だけでなく、紙媒体のアプローチやメルマガなど、店舗に合った方法で広めることができるのが特徴です。 

 

③スタートデリバリー(https://stafes.co.jp/)


 

ごちクル、シャショクル、おまかせケータリングdishなど、

独自システムで販路拡大をサポートしてくれるスターフェスティバル株式会社のサービス。

今ある商品をデリバリーするだけでなく、売れやすい商品はどういったものかといった開発部分から協力してくれるのが魅力。

これまでの枠にとらわれず、新しい取り組みを始めたいという飲食店にピッタリ。

 

まとめ


都心部の昼時などは、何人もの宅配業者を見かけるようになりました。

それだけデリバリー代行が一般的になっているということです。

対応地域はどんどん増え、利用できる店舗も益々拡大していきます。

デリバリーをしたいけれど人材を確保できない。そんな考えはもう古いのです。

宅配デリバリー業者を有効に活用して売上げ拡大を目指しましょう。

 

キャロットとは

 

■飲食店様へ

キャロットは飲食店が知りたい情報やサービスをまとめた飲食店の経営を支援するWEBメディアです。

登録費用、サービスダウンロードの費用など一切費用はいただきません。

ぜひ、ご活用ください。

https://carot.shop/regist

 

 

 

■飲食店のサービスをお持ちの企業様へ

有料プランに切り替えない限り、費用はかかりません。

また、サービスの掲載費用も0円です。

まずは、貴社のサービスを無料掲載、PRしてみませんか。

https://carot.shop/clients

 

他のカテゴリを見る他のカテゴリを見る


PAGE
TOP