飲食店が多店舗化する方法。自分で開業するか、加盟店を募集するかの違い

経営・コンサルティング

 

飲食店をやっていると2店舗、3店舗とお店を増やし、いずれはチェーン店化したいと考える人が多くいますよね。

そのときに自分の経営する店舗として増やしていくのか、フランチャイズとして加盟店を増やしていくのかで迷う人もいます。

実はこの二つ、お客様にとっては同じでも、店舗を運営する側としては全く違うものなのです。

ここでは、その違いについて考えていきたいと思います。

 

似て非なる二つの出店方式

 

 

まず確認したいのは、自分の経営する店舗と、フランチャイズ店舗ではどういった違いがあるかということでしょう。

自分で経営する店舗とは、資金を自分で準備し経営する店舗です。

もちろん自分で運営するだけでなく、自分が採用した人にやらせることも含みます。

オーナーの持ち物ですから、あらゆる決定権はオーナーにあり、

お店が大きな売上を上げれば自分の給料にすることもできますし、スタッフに分配することも可能です。

さらに、次の店を出店する資金にすることもできます。

 

加盟店の場合、同じ看板を掲げた店舗が増えるという意味では変わりはありませんが、運営主体はあくまでも加盟店のオーナー。

基本的な商品構成や価格設定はルール化することができても、経営に関わる部分は加盟店が判断します。

しかし、出店する費用はオーナーが用意するため、店舗を加速的に増やすことも可能です。

加盟店方式にすると最初にもらう加盟料と月々のロイヤルティが収入源となります。

 

いきなり加盟店本部を始める人なんているの?と思う方も多いかもしれませんが、

早い人では3店舗目からフランチャイズにする人もいるほどメジャーなものです。

自分ブランドの店を全国になるべく早く広げたいという方や、

自分でお店を運営するよりも管理やサポートの方が得意だという方には最適な方法なのです。
 

出店方式別にみるそれぞれの特徴

 

 

二つの出店方式にはどのような違いがあり、メリット、デメリットには何があるのでしょうか。

それぞれに見ていきましょう。

 

自分で経営する店舗を増やす場合

 


・経営者はオーナー自身。自己判断ですべてを行うことができる

・収入源は店舗の売上

・出店費用は自分でまかなう

・経費の分配、利益の分配を自分でできる

・様々な業態やメニューを自分の判断で試せる 

・人の採用は自分で行える

・トラブルが起こったときの改善は自分で行う

 

加盟店を募集し店舗を増やす場合

 


・看板は同じでも経営主体は加盟店側にある

・出店費用を用意する必要がないため出店スピードは速い

・収入源は加盟料とロイヤルティ

・専用食材や包材に利益を乗せて卸すこともできる

・オーナーは選べても、そこで働くスタッフは選べない

・同じ看板を掲げていても、経営に関わる判断は加盟店が行う

・店舗で何かがあった時(食中毒など)、直接的原因は加盟店にあっても、全体で被害を受ける場合がある

・店舗運営はあくまでもサポート的立場

・直営店でしかテストを行えない

・方向転換をしたいとき、時間がかかる 

 

 

どちらを選択するべきか

 

 

最も違うのは、店舗の運営主体が自分にあるか加盟店にあるかという部分でしょう。

自分の店の場合、自分の抱えるスタッフを含め、自分たちで店舗運営を行うことが利益確保に欠かせません。

しかし、加盟店方式だと、店舗運営をやるのはあくまでも加盟店。

本部として、加盟店が立派に店舗経営できるようにサポートをすることで収益を得て行きます。

 

自分の店舗であれば、ある意味、好きなように商品構成を変え、売り上げが下がれば独自の方法で改善活動を行うことができます。

しかし加盟店方式では、経営主体が加盟店にあるため、成功するかどうか分からない段階で試すことはできなくなります。

 

また、スタッフは加盟店が選ぶのであり、中には、「こんな人を採用するんだ」というようなこともあります。

そうならないためには、ルール作りと指導力が重要であり、自分でお店を経営する場合と違うスキルが求められることになります。

 

どちらを選択すべきかは非常に難しい問題です。同じ飲食店経営であっても、

その収益システムは全く違い、こちら側に求められるスキルも全く違うことになります。

自分で調理接客をしていくことに喜びを感じるのであれば、お店は自分の資金で増やしていくのが正しいのかもしれません。

 

また、人を指導していくことに喜びを感じるのであれば、加盟店方式がよいのかもしれません。

大切なのは最初から、二つの出店方式に大きな違いがあることを理解し、正しい選択をすること。

どちらにしても多くの人の生活がかかっているのですから、経営者として正しい判断をするようにしてくださいね。
 

 

まとめ

 

店舗を増やすとき、自分でお店を増やすだけでなく、加盟店を募集してお店を増やす方法があります。

二つは全く違う特徴を持ち、利益構造も違います。

そのため全く違うスキルが求められるわけで、

自分がどういった店舗づくりをしていきたいのかという将来設計を正しく行い、理想的なお店づくりをしていくようにしましょう。

 

 

キャロットとは

 

■飲食店様へ

キャロットは飲食店が知りたい情報やサービスをまとめた飲食店の経営を支援するWEBメディアです。

登録費用、サービスダウンロードの費用など一切費用はいただきません。

ぜひ、ご活用ください。

 

飲食店の無料登録はコチラ

 

 

■飲食店のサービスをお持ちの企業様へ

有料プランに切り替えない限り、費用はかかりません。

また、サービスの掲載費用も0円です。

まずは、貴社のサービスを無料掲載、PRしてみませんか。

 

サービス提供会社の無料登録はコチラ

他のカテゴリを見る他のカテゴリを見る


PAGE
TOP