経営・コンサルティング経営・コンサルティング (全20件中 1~10件目)

これから飲食店を始める方やすでに飲食店を経営している方に知ってほしい!失敗する飲食店に共通する4つの特徴。

飲食店の成功法則は世の中に溢れているが、逆に失敗する方法は具体的な例として世の中に広まっていません。
勝ちパターンは複数ありますが、失敗するパターンはある程度の傾向が見受けられます。そこで今回は、筆者の飲食店での現場経験やいろんな飲食店をみてきた経験をベースに、失敗する特徴をまとめていきます。賢い人は他人の失敗から学ぶといいます。ぜひ反面教師にして頂きたい。

                         

飲食店とサブスクリプションの相性は抜群!メリットを生かして売上拡大に利用する

様々なサービスがサブスクリプションサービスで提供されるようになりました。この波は飲食店にも広がり、拡大していることをご存知でしょうか?
「飲食店に定額サービスなんて違和感しかない」という方に、飲食店におけるサブスクリプションサービスの活用事例と経営上のメリットをご紹介いたします。

                         

原価率は飲食店の儲けを出す鍵!業態別適正原価とコントロールについて

飲食店に限らず、どのビジネスでも利益を生むことは重要です。そして飲食店で利益を生むのに重要なのは「原価率」と「人件費」。中でも原価率は、ちょっとした心がけや基礎知識で大きく変わることをご存知でしょうか。それなのに、適正な原価がいくらなのかすら知らない人が多いもの。ここではどれくらいの原価率が適正で、それを達成するためにどうすればよいのかを考えていきます。

                         

行列ができるのに赤字経営。人気飲食店が陥りがちな罠と改善方法

連日行列ができると有名な飲食店が、経営的には大赤字。家賃や食材の仕入れがやっとということがあります。人気店なのになぜ?よほどぜいたくな暮らしをしているのでは?と思う方も多いと思いますが、実はそうではありません。そこにあるのは、飲食店だからこその罠。今回は人気店ほど注意したい、赤字経営の罠についての話です。

                         

食材費+人件費を表すFLコストは飲食店の重要な数値。適正値は50%以下?

「F」とはFOODの頭文字で食材費のこと。「L」とはLABORの頭文字で人件費のことを指します。この適正値は50%以下と言われてきました。それって本当でしょうか?
今回は、FLコストについて考えてみたいと思います。

                         

ついに始まった禁煙条例。本格施行に向け、都内飲食店が喫煙室を作るなら今!

2020年のオリンピックに向け、日本全体が禁煙に向かって進んでいます。特にオリンピックの開催地となる東京都では、国の基準よりも厳しい禁煙条例が設けられ、一部施行が始まりました。 これからどういった動きになるのか、喫煙専用室を作りたいけどコストをかけられないという場合にどうすればいいのかなど、都内飲食店の禁煙に関する情報を整理してみます。

                         

飲食店で無断キャンセルで泣き寝入りする時代は終わり?お店ができる防衛策とは

飲食店を経営している人にとって、最も腹立たしい問題のひとつ、無断キャンセル。昨年には、政府が実態を調査したレポートを出し、被害の多さに驚いた消費者も多かったようです。今までは泣き寝入りをするしかなかったのですが、無断キャンセルをした人が逮捕されたことで、少しずつ風向きが変わる気配がしてきました。今回は、飲食店無断キャンセルをめぐるさまざまな変化を紹介していきます。 

                         

ゴーストレストラン、クラウドキッチンは飲食店、出店者の双方にうれしいシステム

最近は、デリバリーサービスとセットになったシステムが発表され、ますます注目となっています。物件を持つほどのコストを準備できない人はもちろん、お店の空いた時間を有効活用して収益を得たい飲食店の方にも朗報。ここでは、最近注目を浴びているゴーストレストラン、クラウドキッチンについて解説します。

                         

飲食店がクーポンを活用して客数を増加させる賢い方法

飲食店でのクーポンは、大きく分けて二種類。お客のリピートを増やすものと、新規客を開拓するためのものに分けられます。今回は、この2つの観点からクーポンの活用方法を分析したいと思います。

                         

飲食店でのクレーム対応。まず、言い分を聞くことからはじめる

飲食店でクレームをゼロにすることは難しいことです。感情的に怒る方も多く、最終的に納得して帰っていただくのは至難の業。中には、勘違いや誤解があるにも関わらず、それを伝えたがために、さらに感情的なクレームになってしまう場合もあります。今回は飲食店がやるべきクレーム対応について話を進めていきます。

                         

他のカテゴリを見る他のカテゴリを見る


PAGE
TOP