【デリバリー】知名度No1。人件費・固定費をかけずデリバリー導入「Uber Eats」 (ウーバーイーツ)

フードデリバリー・テイクアウト

Uber Eats (ウーバーイーツ)とは

 

自前で設備や配送人員を用意しなくてもデリバリービジネスを始める事ができます。

通常、デリバリー(配達)は運営者側、もしくは配送会社に委託をして料理をお客様の自宅にお届けします。

しかし、Uber Eatsは注文・配送・管理といったデリバリービジネスに関連するほぼ全ての業務を代わりに行ってくれるので、

飲食店としては、固定費を抑えてデリバリービジネスを始める事が可能です。

 

 

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店になるメリット

 

●コストを抑えてデリバリービジネスが始められる

通常営業をしながら注文が入ったら対応、配達もUber Eatsが別途契約をしている「配達パートナー」が行ってくれるので、

飲食店側は人件費や固定費をかけずにデリバリービジネスを始められます。

 

●飲食店の認知獲得

Uber Eatsの利用者数は日本上陸からの2年で約8.7倍となる80万人を超え現在は100万人を超えていると言われています。

また、ユーザーはアプリ上から場所や料理カテゴリー等で検索し料理を注文します。

その時に貴店のメニューをきっかけに貴店を知るきっかけとなります。

もちろん、満足度が高ければ実際に来店する可能性もあります。

 

●売上UP!

今まで来店以外の売上がなかったお店にとっては、デリバリーによる売上UPが期待できます!

例えば、デリバリー限定メニューを作るなどして客単価UPや来店していただいたお客様にも

「忙しい時はデリバリーで注文してね。」などと伝える事で売上UPを狙う事は十分に可能です。

 

【注意事項】

Uber Eatsは対応エリアを全国に拡大していますが、

エリアから遠い位置に店舗がある場合、加盟店になることが難しくなる可能性も考えられます。

2020年1月の最新データを記載しますのでご確認ください。

 

●対応エリア

東京・大阪・名古屋・福岡・京都・神戸・横浜・埼玉・千葉・広島(2020年前半予定)

となっています。

 

※対応エリアの正確な情報につきましてはCAROTではご案内出来兼ねますので、

資料ダウンロード後に担当企業からご連絡があった場合、直接ご確認いただくか、

または「Uber Eats対応エリア」というように事前に検索ください。

 

費用について

 

月額の固定費用・解約料・違約金などは一切ありません。

また、クレジット決済手数料もUber負担です。

以下の料金表をご確認ください。

月額費用 0円
解約金 0円
初期費用 50,000円

 

●初期費用には以下が含まれます。


・Uber専用タブレット
・翻訳費用
・撮影費用


最短で3週間後から営業開始することが可能です。

 

 

詳細情報

会社名
株式会社Wiz
ジャンル
フードデリバリー・テイクアウト 
課金額
月額費用0円!

目的を選択してください。


検討度合いを選択してください。


想定予算を選択してください。


導入時期を選択してください。

資料請求には店舗情報の登録が必要です。
マイページから登録してください。

店舗情報の登録

PAGE
TOP